きまた歯科 ブログ

2016年08月25日

5分できる唾液検査を導入しました(SMT)

ライオン株式会社から

唾液成分を計る画期的な検査機器が開発されました。

SMT(Salivary Multi Test)多項目・短時間唾液検査システム

と言います。

きまた歯科では

早速

SMT(Salivary Multi Test)多項目・短時間唾液検査システム

を導入しました。

image.jpeg

以前から

虫歯菌や歯周病菌の数を検査する機器はありました。

しかし

検査に時間がかかること、

費用も高価でしたので

なかなか普及していませんでした。


このSMTは

専用の溶液で

10秒うがいをして

検査機器に唾液を垂らします。


その結果は

むし歯と歯周病のリスク、

さらに

口腔内の清潔度に関連する数値データが

わずか

5分間で測定することができます。

データは

レーダーチャートとして、

その場で提示され、

わかりやすく自分の口腔状態を把握することができます。

content_img01.jpg

むし歯に関しては

「う蝕原性菌数」、「pH」、「酸緩衝能」の値を、

歯周病については

「白血球」、「タンパク質」を測定しています。

また、

口腔内全体の清潔度と関係する

アンモニアの測定も行います。

これら6項目の唾液因子が、

実際の口腔状態と相関性があることが明らかになりました。

例えば、

歯周病については、

歯周ポケット深さと、

「白血球」、「タンパク質」の検査結果との

相関性が明らかになっています。


なぜ唾液検査が必要なのでしょうか?

今までの歯の予防法は

歯磨きの仕方が基本でした。

しかし

一生懸命歯磨きをしている方でも

虫歯や歯周病が進行していることがよくありました。


今までの歯磨きでけでは

残念ですが進行を抑制することは

難しいと思います。


虫歯菌の数が口の中に多いのか、

甘いものを良く食べるからか、

歯磨きの磨き残しが多いからか、

歯ぐきの炎症があるのか、

唾液の量が少ないのかなど

実は原因は複雑です。

ですから

闇雲に歯磨きだけをしていても歯が悪くなってしまいます。

今回導入した

SMT(多項目・短時間唾液検査システム)は、

虫歯菌だけでなく

歯周病が潜んでいるかが

短時間で検査ができます。

今までの検査では

結果が出るまでに一週間かかり、

費用も5千円以上かかりました。

SMTは

5分間の検査で直ぐに結果が判明し、

きまた歯科では

二千円と

半分以下の費用で検査が可能となりました。


一番のメリットは

その検査結果に基づいて

一人ひとりにカスタムメイドの

歯の予防が

ご提案できるようになりました。

例えば

虫歯菌が多いようであれば

歯磨きの仕方だけでなく

キシリトールも

処方したほうが効果的です。

 
SMT検査をして、

ご自分のお口の状態を

客観的に見ていただくことをお勧めします。
posted by きまた歯科 at 09:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 予防歯科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月08日

介護認定委員研修会に参加しました

歯科医師会館で

介護認定審査員研修会に出席しました。

IMG_3790.jpg

日曜日の休日ですが、

会場は満席でした。

IMG_3789.jpg

ご苦労さまでした。
posted by きまた歯科 at 06:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 口腔ケア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月03日

口腔ケアの講演をしました

口腔ケアの講演の依頼がありました。

医療の現場や介護の現場で

口腔ケアは重要な役割を担っています。

私たち歯科医師も

現場の方々の疑問や相談の場が必要でと感じていました。

P7310058.jpg

今回は

ケアリングの関係者からの依頼でしたので、

できるだけ

専門的な用語を使わないで

理解をしていただきたいと思っていました。


疑問や具体的なことで相談を受けたり、

質問もたくさんいただきました。

2時間の講演でしたが、質疑がたくさんあり、

気がつくと時間を超えていました。


口腔ケアはまだまだ課題が多くあります。

P7310066.jpg

きまた歯科では

今後も

勉強をしていく予定です。
posted by きまた歯科 at 01:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 口腔ケア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする