きまた歯科 ブログ

2018年02月27日

体幹を鍛えるとなぜいいのか?

体幹は胴体部分を指します。胴体部分を鍛えるのが体幹トレーニングです。

Unknown.jpeg

体幹部の筋肉を鍛えれば、背すじはまっすぐ伸び、姿勢が改善されます。その結果、引き締まった理想的な体、腰痛などのケガ防止、内臓機能の活性化、安眠効果、スポーツのパフォーマンスアップなど色々な効果をもたらします。
体幹トレーニングの良い効果は、
@引き締まった理想的な体!
Aインナーマッスルが鍛えられる!
B腰痛から解放される!
C基礎代謝が上がり、太りにくい体に!
Dスポーツで結果が出る!
E便秘の悩みを解決!などです。

Unknown-1.jpeg
まず体幹トレーニングの基本として覚えなければならないのが、ドローイングです。このドローイングは、全ての体幹トレーニングを行う際に必要となってくるメニューで、最も効果的に体幹を強化できるトレーニングです。
ドローイングは空気をゆっくり吸い込んでおなかを膨らませ、ゆっくり息を吐きながら、徐々におなかをへこませる行為を指します。単純な動きの繰り返しですが、この状態を保ちながら日常生活を送るだけでも、立派な体幹トレーニングとなります。
 具体的な方法は、まず背すじを伸ばした直立の状態で、肩甲骨を引き寄せるようにして胸を張り、鼻から息を吸い込みながら、お腹を膨らませます。このとき、3〜5秒をかけて、できるだけ、ゆっくり空気を吸い込むようにしてください。続いて、体内に取り込んだ空気を口から吐きながら、お腹をへこませて行きます。また息を吐くと同時に、お腹の筋肉をグッと縮めて下さい。息を吐く際も、吸う時と同じように3〜5秒をかけて、ゆっくりと吐き出します。ドローイングの大切なポイントは、息を吐く際に、おなかと背中がくっつくくらいに、おなかをへこませる点です。この時、おへその周りの筋肉を縮めるイメージを持てば、よりしっかりと体幹部に刺激を与えられます。

Unknown.png
 健康を保つのに良い効果がありますので、興味を持たれたらネットや書籍で詳しく調べて下さい。
posted by きまた歯科 at 16:11| Comment(0) | ヨーガと健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月17日

愛知県歯科医学大会に参加しました!

愛知県歯科医学大会に参加しました!
61F2DB5B-BD1B-4724-A7F2-45F6F8F14BFA.jpeg
大変多くの歯科関係者が集まっています。

B9018B70-CBEA-4E3A-9AE1-EDB99190DDD6.jpeg


最新の機器もあり、導入を検討しているのがあり、
話していたら時間が足りませんでした(^ ^)

AEB14E69-A54D-4DD4-AB51-06FA0F2A78FC.jpeg

86041055-B3DA-4021-B306-EBC7BDEAC3F7.jpeg

3F7D0938-49D1-4C4D-B820-F81B872A3AE6.jpeg
388EBF88-899A-4CAB-9F38-E448828EFD0D.jpeg
AEB14E69-A54D-4DD4-AB51-06FA0F2A78FC.jpeg
1FDF55AC-3E91-4859-BDF6-0AE714CBA0AE.jpeg
posted by きまた歯科 at 17:38| Comment(0) | 学会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ホワイトニングで口元美人をめざそう!

世界三大美女の一人、楊貴妃。その楊貴妃を偲んだ明眸皓歯(めいぼうこうし)という詩があります。美しく澄んだひとみと白く整った歯という意味です。

今も昔も白い歯は美人の条件。審美歯科の技術がない昔は、歯を白くする術はありませんでしたが、今はホワイトニングで安全に、そして簡単に歯を白くすることが出来ます

歯の変色の原因には2種類ある

歯の着色の原因には、外因性の変色と内因性の変色の2種類があります。外因性ステインによるもので、PMTCなどのお口のクリーニングで改善することができます。内因性の変色は原因物質が歯に取り込まれることによる場合と、加齢によってエナメル質の透明度が上がり黄色い象牙質が透過してみえる場合とがあります。改善するためにはホワイトニング必要す。

市販のホワイトニングやホワイトニングサロンでは歯が白くならない!?

薬局やスーパーに行くと、沢山の「ホワイトニング」と名のついた歯磨き粉等が売られています。実は、これらは外因性変色の原因であるステインを落とす効果はありますが、歯本来の色を白くする作用はありません。日本の薬事法では、市販品への歯の漂白剤の配合は認められていないからです。
★どうやって歯が白くなるの?安全なの?

ホワイトニングとは、医療用の専用漂白剤で歯を漂白する方法です。歯を傷つけることなく、歯の中にある色素を分解して明るさを上げて白くしていきます。歯科医院で使用する薬品は、シェードガイド(図のような歯の色をみる指標)で5段階から7段階白することができます。

ホワイトニングにはオフィスホワイトニングホームホワイトニングの2種類があります。

・オフィスホワイトニング・・・歯科医院で歯科衛生士に行ってもらうホワイトニングです。歯に専用の薬剤を塗布し、レーザーや光を当てて白くします。短時間で歯を白くすることができます。

・ホームホワイトニング・・・ホームホワイトニングは、歯科医院で個人の歯形に合わせたマウスピースを作り、自宅でホワイトニングジェルを流し込んだマウスピースを装着して、自分で歯を白くしていく方法です。時間はかかりますがオフィスホワイトニングより白さが増し、持続期間も長いという特徴があります。

ホワイトニング剤の主成分は過酸化水素です。過酸化水素は知覚過敏をおこしたり歯質に影響を与えるので歯科医院でしか取り扱えません。歯科医院ではポリリン酸ホワイトニングにも過酸化水素を含んだ薬剤を使いますので着実に歯が白くなります。この過酸化水素歯周病菌や虫歯菌に対する殺菌作があり、ホワイトニング後は歯を強くするフッ素が浸透しやすいと言われています。ホワイトニングには歯を強くするサポート効果もあるのです。是非一度お試しください。


A2071014-4CAA-4F1B-A3C2-277C32CD9BAC.jpeg
posted by きまた歯科 at 00:00| Comment(0) | 審美歯科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする