きまた歯科 ブログ

2015年06月02日

インプラント治療の長期安定

インプラント治療は
当院では
すでに25年経過しています
最初に
オペをした患者さまも
今だに来院されていますので、
経過を見ることが出来ます

幸い
ご高齢になられていますが、
お身体もお元気です

インプラントも
快適に使われています


インプラント治療は
全身の健康や骨のコンディションや手技などに影響をうけます

ですから
診断と
治療計画と
患者さまの健康感が
大切だと思っています


そして歯科医師の
価値観も影響していると
最近
思うようになってきました

私は
歯の治療は長く持って
初めて
成功したと
考えいます

ですから
インプラント治療は
選択肢の中では
一番最後の選択です

なるべく
インプラント治療は避けてきました

まず
入れ歯をお勧めします

それで満足できない場合は
精密アタッチメント義歯などです

それでも
満足できない時のみ行ってきました

健康の価値観が
きまた歯科と合っていて、
予防法を
しっかり身につけていらっしゃる方のみ
行ってきました

ですから
10年以上の長期に
インプラントが
安定して
成功している患者さまが
現在
どんどん増えてきました

実は
予防歯科は
本当に
結果が出るのに時間がかかり
最近まで
自分の症例はあまり発表を控えてきました

最近になって
どんどん
良い結果が出てきました

今回はインプラント治療の15年経過して
現在も
快適に過ごされている症例をご報告します


2000年(平成12年)11月にインプラントの手術をした時のレントゲンです
きまた歯科インプラント1.jpg


2001年(平成13年)3月に撮影しました
きまた歯科インプラント2.jpg


このレントゲンは2015年5月に撮影しました
きまた歯科インプラント3.jpg
15年前の手術時から
まったく骨の状態は変化をしていません。
今では、ご高齢ですが、
健康で時々お顔を見せていただいております
posted by きまた歯科 at 09:52| Comment(0) | TrackBack(0) | インプラント長期症例 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月18日

歯科インプラントをして20年経過例

歯科インプラントを20年前より行ってきました
20年たった症例のレントゲンです。
現在もきちんと機能しています
CIMG3406.jpg

20年前のオペ時のレントゲンです
CIMG3413.jpg
その後3ヶ月たってブリッジをした状態です
CIMG3410.jpg
20年前の症例があるのは貴重だと思っています。

なぜなら
当時20年より前のインプラントはほとんどうまくいっていませんでした。
ブレードインプラント、サファイヤインプラント、形状記憶インプラント、サブペリインプラントなどが主流でした。
それがことごとく駄目になって除去するはめになっていました。
日本の歯科大学では一校もインプラントは行っていませんでした。
当時は開業医が海外から学んで行っていたぐらいでした。

やっとその後
ブローネマルクのチタン製のインプラントが紹介され
ヨーロッパでの長期成功例が報告されるようになってきました。

当時、私はITIとういインプラントを使いました
当時はまだ異なった形のインプラントが主流でしたが、
やっと充実型のチタン製ができたので用いることにしました。
当時様々なタイプのインプラントの勉強会に参加していましたが、
長期の成功例はまだありませんでした。
ですから
20年前は何年持つか分からない状態でした

私が行った当時のやり方は今のスタイルとだいぶ異なっています。
今はインプラントと天然歯とは連結することは禁忌となっていますが、
当時は普通に行っていました。
ですから
この例では連結してあります。
しかし
20年持っています。

今までそんなに多くのインプラント手術を行ってきてはいません。
なぜなら
長期成功例は手術の成功だけではないからです。
患者さんの健康状態からインプラントのメインテナンス、
そして患者さんの歯にたいする思いと予防にたいする思い。
そういう要素がじつは長期成功には欠かせません。
ですからインプラントのオペ症例数だけが大事ではないと思っています。

今でも、インプラントを行うときは、
慎重に症例を選んでいます。
インプラントのみをご希望される場合はお断りしています。
私の医院では
ずっと通っていただいている患者さんの場合は良い関係ができています。
そして本当にインプラントが必要なのか、
それとも義歯の方が良いのか、
じっくりと相談させていただきます。
そして本当にインプラントが必要と双方で納得した場合のみ、
インプラントを行うこととなります。

そのことによって
一生良いお付き合いでき、
長期管理ができます
そして
長期成功例を増やしていきたいと思います。


posted by きまた歯科 at 13:28| Comment(0) | TrackBack(0) | インプラント長期症例 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする