きまた歯科 ブログ

2019年07月24日

歯ブラシの選び方をご提案しています

歯ブラシの選び方をご提案しています。


ruscelloアドバイザーがむし歯の予防や歯周病の予防に最適な歯ブラシをお勧めします。


2903C396-C42E-4145-A3A6-DBD7983F3228.jpg


01B04376-3684-4ABC-8CF7-0A4FDB6FE2BE.jpg


#きまた歯科 #予防歯科 #口腔衛生 #衛生士 #歯科衛生士 #歯科医師 #dentist #dentalhygienist #dentalhygiene #oralhealth #oralcare #歯ブラシ #ルシェロ歯ブラシ #ルシェロホワイト

posted by きまた歯科 at 23:55| Comment(0) | 予防歯科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月07日

歯学部の教職員の受け入れ通知が届きました

歯学部の教職員の受け入れ通知が届きました。


E4489966-E50B-4F33-BE6F-C0D86C2811F4.jpg


#きまた歯科 #小牧市歯医者 #北名古屋歯医者 #岩倉市歯医者 #豊山町歯医者 #犬山市歯医者 #口腔衛生学 #歯科衛生士 #歯学部 #歯科医師 #dentist #dentalhygienist #dentalhygiene #dentalcare #preventivedentistry #preventivedentalcare #preventivemedicine #oralhealth #oralhealth #oralhealthcare

posted by きまた歯科 at 07:12| Comment(0) | 予防歯科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月20日

歯ブラシの選び方

歯の予防はますます進化しています

最新の歯ブラシは本当にスゴイです

今回は予防歯科の基本中の基本をお教えします

curaprox_73327440.jpeg


★歯ブラシについて
・歯ブラシの種類
歯ブラシには沢山の種類があります。自分にあった歯ブラシの種類を歯科衛生士に相談しましょう。ブラシの堅さ柔らかさ、ヘッドの大きさ、歯間ブラシなどの補助歯ブラシなど、歯や歯茎の症状にあわせて使い分けましょう。

curaprox_73327440_1.jpeg

・歯ブラシの交換時期
毛先がひらいたら交換時期だと思っている人が多くいらっしゃいますが、毛先に関係なく、一ヶ月経ったら交換しましょう。虫歯菌を磨く歯ブラシには、お口の中の無数の細菌が付着しますが、それを水洗いだけで落とすことは出来ないからです。歯ブラシの交換を忘れないよう、毎月決まった日を『歯ブラシ交換デー』とし交換してはいかがでしょうか。

★歯磨きについて
・歯磨きはいつする?
歯磨きは、朝起きてすぐに1回、そして毎食後3分以内に一日3回行うのがベストです。睡眠中は唾液の分泌が少なくなり、虫歯菌が活発化するので就寝前は念入りに。きちんと歯を磨いているつもりでも意外に磨けていないのが、奥歯のかみ合わせ、歯と歯ぐきの間、歯と歯の間ですので重点的に磨きましょう。
・歯磨き粉の種類は?
フッ素入りの物がお勧めです。日本の歯磨き粉の90%以上はフッ素が含まれています。界面活性剤が入っている歯磨き粉は、泡立ちやすく磨いた気になってしまうので、3分間は磨く習慣をつけましょう。

・液体歯磨きや洗口剤を使おう!

images.jpeg

歯磨きの効果をさらに高めるため、液体歯磨き(デンタルリンス)や洗口剤(マウスウォッシュ)を使用する人が増えています。
液体歯磨き(デンタルリンス):練り歯磨きの代わりに使うもので、液体なのでお口の中の隅々までいきわたる特徴があります。歯磨きの前に使ってから歯を磨きます。洗口液ではないので歯磨き後はお水で口をすすいでください。
洗口剤(マウスウォッシュ):歯磨きとは関係なく、お口の中をすっきりとさせるものです。歯磨きの仕上げとして使用したり、お口の中がすっきりしない時に使いましょう。使用後、お水で口をすすぐ必要はありません。

・デンタルフロスと歯間ブラシ
デンタルフロスや歯間ブラシなどの補助歯ブラシは、普通の歯ブラシでは届かない歯垢を取り除くことができます。人によって合う道具や大きさは違いますので、当院の歯科衛生士にご相談ください。

Unknown-1.jpeg

Unknown-2.jpeg

最後に

電動ハブラシです。

私自身は電動ハブラシを使っています。

ソニッケアーという電動歯ブラシです。

Unknown.jpeg

一分間に31000振動する音波ブラシです。

大変良いのですが、

ブラシの当て方などをきちんと専門家に使い方を教えてもらった方が良いです。

posted by きまた歯科 at 04:37| Comment(0) | 予防歯科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする