きまた歯科 ブログ

2020年01月13日

中心位

歯科医師の基本中の基本。
中心位の定義が変わってきています。
38DD5D07-737D-4AAC-8467-D6D1CA32D25C.jpg

また中心位が咬合の概念であるので定義が変われば、治療法の変化していきます。
最近も中心位の咬合を戻したことによって良い結果が出た症例が増えてきました。
歯科医師がむし歯の治療のみで咬合を見ていないのは、木を見て森を見ないように歯のみだけではなく全体を見ていきたいと思います。
特に噛み合わせに関係する筋肉は重要です。その中で外側翼突筋の緊張は重要です。緊張があれば中心位を決定することは不可だからです。
また
オステオパシー医学の中の頭蓋仙骨療法があります。アプレジャーDOは外側翼突筋の緊張で蝶形骨の変形が全身の病気に影響があると言われています。特にオステオパシー療法でも治りにくいと言われています。
実は歯科医師は外側翼突筋の緊張を簡単に改善でき効果が持続する技術を持っています。
歯科医師のみがオステオパシーの中の頭蓋に関係する多くの筋肉の緊張た一次呼吸の改善に貢献出来ると確信しています。

#中心位の咬合採得 #中心位 #外側翼突筋 #頭蓋仙骨療法 #カウンターストレイン #ストレインカウンターストレイン #オステオパシー #オステオパシー療法 #噛み合わせ #きまた歯科 
posted by きまた歯科 at 11:09| Comment(0) | 噛み合わせ治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月03日

自分で噛み締めを改善する方法

食いしばりは

かみ合わせに関係しています。

かみ合わせに関係している筋肉がどんどん硬くなってきます

筋肉が緩めば良いのですが

皆さん苦労されています


そこで

簡単にできる方法を紹介します

それは

自分でできるカウンターストレインです

写真を見て自分でやって見てくださいね

EPSON049.jpg

EPSON066.jpg

EPSON061.jpg

噛み締めが楽になっても

すぐにまた筋肉が硬くなってしまいます

それを改善する

マウスピースを使うと

更に良くなっていきます

EPSON058.jpg




posted by きまた歯科 at 03:13| Comment(0) | 噛み合わせ治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月27日

ユビタマゴで顔のたるみやアゴの筋肉をリラックス

今回は

私の体調を保つ上で

必需品をご紹介します。

それは

「ユビタマゴ」という製品です。

P6240176.jpg

以前は

朝起時に体がだるく朝から疲れが取れない時がありました。

そんな時に出会ったのが

「ユビタマゴ」でした。

私は以前から

歯ぎしりをしていたようです。

それは朝起きると、

体がだるい、

スッキリしない、

肩がこる、

頭痛がひどい。

それは夜、

歯ぎしりが原因なのです。

歯ぎしりは夜寝ている時に

強い力で歯と歯をすり合わせたり、

食いしばったりします。

その食いしばりの結果、

歯では歯周病がひどくなったり、

虫歯でもないのに歯が割れたりします。

歯以外では、

慢性の頭痛や肩こり、

目の下のクマができやすかったりします。

これは大変強い力でアゴの筋肉を使っているので、

その筋肉の疲労から起こります。


日常でも何か集中している時に、

食いしばりは起こります。

例えば

コンピューターの画面を見ながら仕事をしているような時です。

その時は食いしばっていることに意識できません。

そんなとき私はユビタマゴを使います。

そして私の歯ぎしりのは強い味方となりました。

顎のコリや顔のコリを簡単にとってくれます。

数分マッサージするとスッキリします。

また美容に効果のある表情筋にも良いのでシワの予防にも効果的です。

私が気に入ったので、ユビタマゴの製造会社に連絡をして仕入れるようになりました。ぜひ試してください。
posted by きまた歯科 at 15:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 噛み合わせ治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする