きまた歯科 ブログ

2017年10月22日

日本統合医療学会第3回愛知県支部例会に参加しました

日本統合医療学会 第3回愛知県支部例会に参加しました

愛知医科大学の先制・統合医療包括センター教授の福沢嘉孝先生が大会長で

静岡県の浜名湖で開催されました。

PA220165.jpg

私は座長として研究発表者のサポートをさせていただきました。歯科医師としてと日本ヨーガ療法学会の理事としての参加です。

 
日本統合医療学会とは

『疾病を治療し症状を緩和する方法には「対症療法」と「原因療法」があります。これまで多くの医療機関などで実践されてきた医療は、「対症療法」を中心とした近代西洋医学を根本としてきました。しかし昨今、国際的な医療の趨勢(すうせい)は、単に病だけではなく、人間の心身全体を診る「原因療法」を中心とした伝統医学や相補・代替医療も必要であるという考え方に急速に移行しています。統合医療とは、二つの療法を統合することによって両者の特性を最大限に活かし、一人ひとりの患者に最も適切な『オーダーメイド医療』を提供しようとするものです。(日本統合医療学会HPより)

PA220110.jpg

今回は

日本統合医療学会理事長の仁田新一先生は「日本における統合医療の現状と今後」という演題でご講演されました

PA220144.jpg

熊本県支部長の赤木純児先生は「統合医療学とEBM構築の重要性:EBMのための免疫学的パラメーター」を講演されました

浜松光医学財団・PET診断センターの岡田裕之先生は「PETによるがんや認知症の早期発見と高周波非可聴音を利用した健常者の活性化〜PETによる検証」を講演されました


私が座長をした中でも、

PA220137.jpg

碓田先生の「姿勢と医療」は誤嚥性肺炎の予防に役に立つ内容でした。多くの寝たきりの方に役立つ内容でした。

空海紀念統合医療クリニック副院長で大阪医科大学非常勤講師でさらに高野山真言宗阿闍梨でもあられる静 貴生 先生は「宗教と医療」(仏教と健康〜健康寿命延伸のための全人的・包括的統合医療の進展と仏教)を発表されました。明治以前の日本の伝統的な医療は今では低く見られています。理由はエビデンスがないと思われていたからです。しかし統合医療学会では伝統的医療が何千年も続いてきたことから、エビデンスを再確認する作業が試みられています。そんな中で静先生の発表は仁田理事長も大いに期待をされていました

歯科関係では「食いしばり」に悩んでいる方にアロマセラピーの応用で良い効果があったとの発表がありました。  

ヨーガ療法学会からは井上先生が「ヨーガと医療」という演題で発表されました    
PA220169.jpg        
posted by きまた歯科 at 14:15| Comment(0) | 統合医療と歯科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月31日

アンチエイジング歯科学会に参加しています

日本アンチエイジング歯科学会に参加しています。

IMG_5156.jpg

今回は名古屋で開催です。

IMG_5164.jpg

大学時代の懐かしい先生から声をかけていただきました。

以前その先生が衛生士セミナーの講師をされていたとき,

内の衛生士が大変良くして頂いたと聞いていましたので

そのお礼を伝えることができました。

IMG_5161.jpg

歯科からアンチエイジングの研究が形となってきています。


歯科も毎年どんどん進化しているのを実感しました(^O^)

IMG_1105.jpg
posted by きまた歯科 at 22:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 統合医療と歯科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月30日

金属アレルギーになりにくい治療

きまた歯科ででは患者様の治療を始めるに当たって

長く保つ治療

白くて美しいお口の治療

そして

金属アレルギーになりにくい治療

をご提案しています。


その中で

金属アレルギーになりにくい治療についてお話をします。

本屋さんに行くと

「本当に怖い歯の詰め物」

「口の中に毒がある」

「歯科治療に潜む致命的な危険性」

「Dr.菊池の金属アレルギー診察室」などたくさんの本があります。

これらの本に共通していることが、

「どこの病院に行っても治らない」

「原因がわからない」

などの病気の原因が実は歯の詰め物にあったという事実です。

FullSizeRender.jpg

何冊かの本を読んでみて、

歯の詰め物の金属の性質について改めて勉強をしました。

歯科大学で金属について勉強しましたが、

勉強内容は

「歯の硬さに近く歯に馴染み易いので良い金属である」

「削った歯の穴と適合が良い金属が良い金属である」

「値段がゴールドより安く手に入り易いので良い金属である」などでした。

私も今まで、

そう習ってきたので、保険で扱っている金属は良い金属だと信じてきました。


最近アレルギーに苦しんでいる方々が増加しています。

歯科の金属がもしかしてアレルギーの原因の一つとして考えていませんでした。

金属アレルギーの検査をして金属を外すとしばらくしたら症状が軽くなる方は今までにも結構ありましたが、

そんなに体に危険で多くの方々が苦しんでいるとは思っていませんでした。


歯科の中で保険で認められている金属はアレルギーと関係しているのでしょうか?

歯の詰め物の一番代表的な合金は金パラジウム銀合金です。

その合金の組成は金12%、パラジウム20%、銀50%、銅15%、その他にインジウムなどが微量に入っています。

微量に入っている金属は実はきちんと成分表に書かれていません。

私たち歯科医師も本当のところ微量に入っている金属の成分は分かりません。

その他の金属でよく使うのはコバルト、クロムです。

皆さんはあまりご存知ないと思いますが金でもアレルギーになります。

アレルギーの問題となる金属はいわゆる「重金属」と呼ばれるもので、

過剰に摂取すると体内でアレルギーを起こしやすい、

水銀、パラジウム、スズ、ニッケル、クロムといった、

周期表で真ん中にあたりにある元素です。

常温では気体の窒素や酸素などと比べるとずっと重く、

電子を放出してイオン化する傾向が強く、イオン化すると不安定になる元素です。

但し、その他の生体の構成成分となるような金属は問題にはなりません。


保険の治療は私が思っていた以上に重金属を使用しています。

残念ですが今後も医療費の点から考えても当分はこの金属を使わざるおえないと思います。

金属アレルギーを起こさない材料には、例えばセラミックです。

きまた歯科では、

皆様の健康と安心と安全を考え、

健康リスクのある金属を使用する場合はできるだけ金属以外でも可能な材料をご提案させていただきたいと思います。 
posted by きまた歯科 at 07:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 統合医療と歯科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする