きまた歯科 ブログ

2017年08月13日

赤ワインの成分の中から長生きに作用する物質が発見されました

アンチエイジング医療という学問があります。

これは長寿を科学する学問です。

私もその抗加齢医学会の会員に属しています。

その学会で面白い論文が載っていましたので紹介します。

美食にふけるフランス人に心臓病が少ない。

この現象は『フレンチ・パラドックス』と呼ばれています。

フランス人が好んで飲む赤ワインの効果と考えられていましたが、

その詳細なメカニズムは謎とされていました。

Unknown.jpeg

最近

フランスの研究チームが、

赤ワインの成分と女性ホルモンが作用して、

血管内で血管を広げる作用のある一酸化窒素を発生させ、

血圧を下げていることを突き止めました。

ただし、

適量はグラス一杯程度と言われています。


また

まだ実験室のレベルですが、

ブドウの皮の部分に含まれる

『レスベラトロール』というポリフェノールが、

sir2遺伝子という長寿関連遺伝子を活性化させ、

細胞の寿命を延ばしている可能性が指摘されています。

2006年に米ハーバード大学医学部の長寿研究の第一人者として知られている

デヴィット・シンクレア教授らが行った実験があります。

中年マウスを、

@標準的な食事、

A高カロリー・高脂肪の食事、

B高カロリー・高脂肪の食事+レスベラトロールーーーの3つのグループに分けました。

その結果

Aの『美食』グループでは肝臓肥大、さらに心臓への負担が高まり、

おまけに人間でいう糖尿病の症状が現れ、早死にしました。

ところが

Bの『美食+ レスベラトロール』のグループでは病的な症状は現れず、

死亡するリスクが30%低下していました。

赤ワインの摂取が寿命を延ばしてくれるかもしれないというわけです。

同教授らは、現在、 レスベラトロールを応用して、人間の寿命を延ばす新薬の開発を進めています。

気の早いことに、

サプリメント大国のアメリカではすでに レスベラトロールのサプリメントが数多く登場していますすし、

日本でもすでに各メーカーから発売されています。
posted by きまた歯科 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月10日

院長は幸せですよ!

「院長は幸せですよ!」と

女性の先生が院内ミーティングの時にスタッフの前でこう発言されました。


その先生は”きまた歯科”に非常勤として10年以上勤めていただいているベテランの先生です。

その先生はたくさんの歯科医院にお勤めをされていて

それぞれ個性が違うのがよくわかるそうです。


その中でも

「きまた歯科のスタッフは全員素晴らしい!」そうです。

スタッフの皆の仲が良く、仕事も協力しあっているし、プライベートでもお互いに尊重しあっているそうです。

そんな素晴らしいスタッフがいる院長(私)は本当に幸せだそうです。

私は他の歯科医院の雰囲気を知りませんし

”きまた歯科”の楽しく、暖かい雰囲気も当たり前だと思っていましたので、

その良さに気づいていませんでした。

ミーティングの後で

今年に入った新人のスタッフに個人的に

「私が幸せと思える?」と聞いてみました。

その新人のスタッフは

「院長は大変ですよね」と答えました

「どうして?」と聞くと

「忙しいし、やることがいつも一杯あるし」と言われました。

 新人のスタッフでさえ私のことを思ってくれている

私は

やっぱり「幸せです!」

BHST5442.jpg
posted by きまた歯科 at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月08日

ウオーキングの効用

アメリカのシアトルにある「健康に関する共同研究センター」の所長であるエリック・B・ラーソン博士らが行った研究で、運動を続ければ、アルツハイマー病や認知症の発症リスクが30〜40%低下することが明らかになりました。
この研究は、1994年〜2003年にかけて、65歳以上の男女合せて1740人を対象に、健康、身体機能、精神機能が生活習慣とどう関わるかを調べたものです。
その結果、15分間の運動を週3日以上、定期的に行っていた人は、それより運動量が少ない人に比べ、認知症になる割合が32%も低くなっていました。とりわけ体力のレベルが高い人ほど認知症のリスクが低かったといいます。
運動は、脳にもいい影響を与えます。

フランスの思想家ジャン・ジャック・ルソー(1712ー1778年)はウオーキングのすぐれた効果を知っていました。

ひとり徒歩で旅をしたときほど、ゆたかに考え、ゆたかに存在し、ゆたかに生き、あえていうならば、ゆたかに私自身であったことはない。徒歩は私の思想を活気づけ、生き生きさせる何ものかをもっている。じっと止まっていると、私はほとんどものが考えられない。私の精神を動かすためには、私の肉体は動いていなければならないのだ。田園の眺め、快い景色の連続、大気、旺盛な食欲、歩いてえられる優れた健康、田舎の料理の自由さ、私の隷属を思わせる一切のものから遠ざかることが、私の魂を開放し、思想に一層の大胆さを与える。(ルソー「告白」)

運動によって頭の回転がよくなるのは、人間が進化の過程で、かつてまだ草原を駆けまわり、獲物を追いかけていた頃、駆けまわりながら、脳の中で「どうやって獲物を捕らえるか」ーーーその作戦を練っていた名残かもしれません。
posted by きまた歯科 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月07日

ビタミンCの大量療法

かつてノーベル賞を2度受賞した生化学者ライナス・ポーリングが考案したビタミンC大量療法は、風邪やがんに効果があるとして、1970年代に大きな話題を呼びました。現在再び、美容からがん治療に至るまで、幅広く応用できる可能性が示されています。
アンチエイジング効果
ビタミンCには、@シミ、シワ、タルミなどの肌のトラブルの予防・改善、A酸化ストレスを緩和、B免疫力を高める、Cストレスを緩和、D動脈硬化を予防、E発がん予防、F鉄やカルシウムなどのミネラルの吸収を促進−−−などの作用があります。人間の体内で生成できないビタミンCは食品やサプリメントで補給する必要があります。
ビタミンC大量療法では、25g以上(通常は30〜60g程度)という食品やサプリメントでは考えられない量を点滴によって直接的・効率的に体内に取り入れ、ビタミンCの血中濃度を高めます。とくに、@シミ、シワ、タルミなどの肌のトラブル、A慢性疲労、B風邪をひきやすい、Cタバコがやめられない、Dアルコールをよく飲む、E野外の仕事で日焼けする。F激しいスポーツをしている。Gがん家系で心配、Hがん治療の副作用が強い−−−などの患者に推奨されます。
また、現代はストレス社会といわれ、ストレスによって大量のビタミンCが消費され、多くの人がビタミンC欠乏に陥り、その弊害を受けています。
がんの代替療法
2005年に、アメリカでビタミンCにがん細胞の殺傷能力があることが試験官レベルで確認されました。さらに2006年には研究グループが、大量のビタミンCを点滴投与にした3人の患者が、予想よりも長く生存したことを確認しました。それ以降、ビタミンC大量療法がアメリカで再び盛んに行なわれるようになり、2007年から日本でも行なわれています。
ビタミンCが体内で抗酸化作用を発揮する際に大量の過酸化水素(活性酸素の一種)が発生します。正常細胞は抗酸化酵素により、これを中和できますが、抗酸化酵素をもたないがん細胞は過酸化水素によって殺傷されてしまいます。正常細胞を傷つけず、がん細胞だけを殺傷できる。つまり、副作用がないわけです。
現在、アメリカでがんの手術後の再発防止など、新たな補助療法として、ビタミンC大量療法の研究が進められています。
日本人の死因のトップを占めるがんを予防することは重要なアンチエイジング医療です。
posted by きまた歯科 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする